Koji NOYORI

STATEMENT

Uniting the Imaginary and the Everyday

Light and shadow shape our visual perception of things. Though they are distinct opposites, they are also complementary parts of a mutual whole. This duality underlies all that we see.

My paintings bring together still other dualities: the ordinary and the unexpected, the real and the virtual. By organizing and relating these separate realms within the same canvas, my aim is to reveal some alternative view of the world around us.

I begin with the painting’s spatial composition. I then consider how to manipulate its array of forms and elements in some suggestive or questioning way. I might stop the flow of time, or shift it forward or backward. I may crop space, or add a swath of it to an unlikely place. This meddling on my part typically works on the painting in such a way that its parts begin to arrange themselves in their own desired fashion.

While the result is always something that I myself have never seen, that same setting or scene might exist out there, somewhere. On canvas, after all, it seems so close―a mere touch away.

By juxtaposing the reality of the day-to-day with the imaginary world of the painting, I hope to unite these two spheres―if only as a signpost for my own whereabouts, so I don’t lose my way.



日常を結ぶこと

物を視覚で認識する要素に光と影がある。相反する存在だが、それと同時に表裏一体とも言える。このように物の捉え方は二面性を持ち合わせており、一つの事実がある。

これを基に「日常と非日常」や「実像と虚像」といった異なる事柄を絵画上で共存させ、表現することでもう一つの視点を創り出す。

制作は画面空間を構築することから始める。それから意図して何かしらの仕掛けをする。時には時間を止めたり、動かしたり。またある時は空間を切り取ったり、継ぎ足したり。すると絵になることを望むモチーフ達が描いて欲しそうに寄り集まってくる。

こういった手筈で制作するのだが、出来上がるものは自分で見たこともない風景。しかし、もしかすると何処かにあるのかもしれない。
その風景は指先でそっと触れられそうな… 触れられないような…。

日常という現実と絵画という非現実、それを結ぼうとしている。
自分の居所を見失わないように… 忘れてしまわないように… 。

しっかりと固結びしておこう、と私は思う。