Sachiko NAKAZAWA

STATEMENT

Through my work I explore dualities: life and death, present and past, the fleeting moment and the eternal. For everyone, in order to bring the self into being, we are always on the boundary of these dichotomies, not wholly one or the other.

My work often features plants in conjunction with parts of the human body cut off from a posture at the moment, and this aims to evoke in the viewer a sense of experiencing two sides of something at a profound level, with sculpted works which have taken time to create.

As well as this, installations such as Touch are intended to momentarily destabilise our grasp of the real world. By interspersing works among the objects and material of everyday life the real and the ideal are mixed rather than contrasted, so that viewers are given a sense of the transience and ambiguity of the “real” world.



一つのものごとの両面をテーマに作品を制作しています。
生と死、現在と過去、一瞬と永遠。
全ての人にとっての「私」という在り方が、どちらか一方ではなく、その境界に位置しているように感じます。

植物と人の体の一部からなる作品は、ある一瞬のポーズを切り取り、彫刻という長い時間をかけて造形していく手法をとることで、その両面を深層の部分で感じてもらえる表現を目指しています。
また、「触れる」などのインスタレーションでは、日常の空間に作品をすべり込ませ、現実に非現実が対峙するのではなく、混ざり合うよう配慮して、現実が一瞬揺らぐような感覚から、現実の儚さや曖昧さを感じてもらえる表現を目指しています。